コメント: 0

被害者

17名がトラックではねられたり刺されたりするなどの被害を受け、その内、7名(19歳から74歳までの男性6名、21歳の女性1名)が死亡した。

通り魔事件としては過去30年で最悪の事件とみられている。(ただし、無差別殺人2時間に30人が殺傷された1938年津山事件がある)

被害者数は平成時代に起きた無差別殺傷事件としては、7年前の同じ日に発生した大阪教育大学附属池田小学校の児童殺傷事件に次ぐ惨劇になった。

 

トラックで撥ねられる(5人、死亡3人・負傷2人)

 

74歳男性 - 左背中刺創・死亡(東京慈恵会医科大学附属病院

19歳男性 - 腹部打撲・死亡(国立国際医療センター)

19歳男性 - 死因不明・死亡(三井記念病院)

20歳男性 - 腰の痛み・軽傷(白鬚橋病院)

19歳男性 - 擦過傷・軽傷(三井記念病院)

 

ナイフで刺される(12人、死亡4人・負傷8人)

 

21歳女性 - 失血・死亡(東京医科歯科大学医学部附属病院

47歳男性 - 背部刺創・死亡(東京女子医科大学病院

33歳男性 - 背部刺創・死亡(駿河台日本大学病院

31歳男性 - 胸部貫通刺創・死亡(東京都立墨東病院

43歳男性 - 背部刺創・重傷(聖路加国際病院

53歳男性 - 腰・重傷(東京医科歯科大学医学部附属病院)

24歳女性 - 肺・重傷(東京医科歯科大学医学部附属病院)

53歳男性警察官 - 胸部刺創・重傷(東京大学医学部附属病

27歳男性 - 背部刺創・軽傷(日本医科大学付属病院

54歳男性 - 右胸刺創・重体(日本医科大学付属病院)

30歳女性 - 腹部刺創・重傷(聖路加国際病院)

28歳男性 - 右前腕切創・軽傷(東京厚生年金病院)