コメント: 0

犯罪予告

事件後複数のサイトにおいて、殺人などの犯罪予告が相次ぎ、7月7日までに33人を検挙した。

事件前は月に2,3件だったが、事件後1ヶ月で100件以上になっている。

このほとんどが、10代と20代で、供述内容などからそのほとんどが悪戯とされているが、実行の意思とは関係なく脅迫罪や威力業務妨害に該当するれっきとした犯罪である。

小中学生が行ったものもある。

また、通り魔事件や犯人に対して言及したものも一定数みうけられる。

警察庁は6月24日に、全国の警察本部にネット掲示板への犯罪予告の書き込みを厳正に取り締まり、摘発例を積極的に広報することなどの通達を出した。

この事件に伴い、矢野さとるが運営する、犯罪予告情報共有ウェブサイト『予告.in』が作成された。