コメント: 0

労働環境

加害者が派遣社員であったことから、若者の雇用環境が厳しくなっていることが将来に希望を失い、事件の動機となったとする見方も出た。

また、この事件をもって若者の雇用環境悪化を問題視する意見が報道機関から多数出て、読者からの投稿でもそれに追随する意見が出された。

加害者はずっと派遣社員だったわけではなく、一時期地元の青森で正社員として勤務している。(後に自己都合退職)

これについては、青森では最低賃金や求人倍率が全国でも1,2を争うほど低く、正社員の求人も月収12~16万円程度が相場のため、都市部に仕事を求めていったのではとの見方もある。

また、この年の下旬には世界的な金融危機に伴い、製造業を中心に大量の派遣労働者が雇止めされ(派遣切り)、秋葉原の事件の再発が起きた。