コメント: 0

秋葉原の読み方

かつては「あきばはら」「あきばっぱら」「あきばがはら」「あきばのはら(秋葉の原)」と呼ばれ、特定の呼称は存在しなかった。

当地区の呼称が「あきはばら」として定着するのは、鉄道駅の開設以降とするのが定説である。後に地名の読み自体も「あきはばら」となる。

なお、1890年(明治23年)に開業した時点では「あきはのはらえき」であり、旅客は扱わない貨物専用駅であった。

ちなみに、『あきはばら』の読みは秋葉原駅の駅名をつける際、秋葉原の読み方を知らない鉄道官僚が勘違いして付けたことで生まれたとする説もある。

現在は日常会話やメディア等で広く「あきば」という略称が使われ定着している。

なお、静岡県浜松市天竜区春野町にある秋葉神社は「あきはじんじゃ」と読む。