コメント: 0

鉄道

 

秋葉原駅

JR東日本総武線・山手線・京浜東北線

東京地下鉄日比谷線

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスJR線は総武緩行線ホームが3階、山手・京浜東北線が2階ホームを使用している。

東西にそれぞれ昭和通り口・電気街口が、その中間に中央口がある。

東京地下鉄日比谷線は昭和通り直下を通っており、JR線からは昭和通り口が隣接している。

つくばエクスプレスは山手・京浜東北線と昭和通りの中間に位置する地下にあり、入り口はJRの中央口に近い。

 

末広町駅

東京地下鉄銀座線

電気街の北端。中央通りと蔵前橋通りとの交差点(外神田5丁目交差点)直下に駅があり、上下線ホームの相互連絡通路はなく、逆側のホームへ移動するには地上へ出て交差点を横断しなければならない。上野広小路駅(銀座線)・湯島駅(千代田線)も末広町駅から徒歩5分程度の場所にある。

電気街は末広町駅と秋葉原駅との間の中央通りを中心に広がっており、この駅を利用して秋葉原を訪れる人も多い。

 

神田駅

東京地下鉄銀座線

電気街よりも南、中央通り直下。

6番出入口(2009年7月30日からビルの建築工事のため閉鎖中)は万世橋から南へ約200メートルの須田町交差点にあり、電気街の南寄りの地域へは末広町駅より近い。

 

岩本町駅

東京都交通局都営地下鉄新宿線

神田川を挟んで南側にあり、A3出口を出て国道4号線および首都高速1号上野線に沿って北へ進み、和泉橋を渡るとまもなく秋葉原駅や電気街へ到着する。

電気街南東の書泉ブックタワー界隈まで、徒歩3分ほどの距離。

 

淡路町駅・小川町駅・新御茶ノ水駅

東京地下鉄丸ノ内線(淡路町駅)

都営地下鉄新宿線(小川町駅)

東京地下鉄千代田線(新御茶ノ水駅)

神田川の南側であるが、電気街南端には徒歩10分足らずの距離。

都営新宿線であれば、岩本町駅よりも小川町駅のほうが電気街、特に西寄りの地域には近い。

また、新御茶ノ水駅からも電気街へは徒歩10分程度かかる。小川町駅 - 淡路町駅の地下通路よりは、御茶ノ水駅乗り換え口から出て聖橋を経由し、電気街西端エリアに向かった方が近い。

 

御茶ノ水駅

JR東日本中央線快速、中央・総武線各駅停車

聖橋出口から電気街西端エリアまで徒歩5分程度で到達できる。

御茶ノ水駅から秋葉原方面へ走行中の総武線車内から秋葉原電気街を眺望できる。